乳酸菌イメージ

乳酸菌を日常的に摂取しています

便秘解消や高い健康効果があるとされるのが、「乳酸菌」です。
ヨーグルトに多く含まれているとされており、幅広い年代に人気があります。
乳酸菌の種類は、現在分かっているだけでも、350種類ほどあるとされています。
動物でも植物でもない、ひとつの細胞からなる生き物であり、地球上に動植物が誕生する前から存在していたとされています。
60度で30分、100度以上では数秒で死滅してしまうとされており、加熱調理には向いていないようです。
ただし、低温には強く、0度以下になったとしても死滅はしないようです。
凍ってしまうと休眠状態となるため、動きは悪くなりますが、温度が上昇すると再び活動を始めます。
たとえ、死滅してしまったとしても、身体に有効な働きをするとされていますが、加熱をするという場合には、あまり温度を上げ過ぎないように注意するようにすることが大切です。
私は、毎朝ヨーグルトを食べるようにしています。
食べ方は、ヨーグルトに豆乳を少し加え、更にきな粉を入れて食べるようにしています。
時間がある場合には、前日からドライフルーツをヨーグルトの中に入れておくとドライフルーツが適度にヨーグルトの水分を吸い、柔らかくなり、ヨーグルトは少し固くなり食感がかわり美味しく食べることが出来ます。
乳酸菌は、ヨーグルトにだけ入っているわけではありません。
漬物や日本独特の醤油や味噌などの調味料にも含まれているとされています。
漬物は、私の祖母がよく作り、日常的に食卓に並んでいるので、気がついた時に食べるようにしています。
そのような食生活をしているのが関係しているのかは分かりませんが、10年以上風邪を引いていませんし、花粉症などにもなっていません。
また、体調不良などで病院へ行ったという記憶もあまりありません。
さらに、美肌であるとよく言われるのですが、これも乳酸菌の効果かもしれません。
新陳代謝が悪くなると、肌のツヤやハリが失われると言われています。
さらに、腸内で悪玉菌が増えると肩こりや頭痛、肌荒れ、シミなどの原因となるとも言われていますので、腸内環境を整えていることによって、善玉菌が増え結果として美肌へと繋がっているのかもしれません。
多くの健康効果をもたらしてくれる乳酸菌ですから、これからも定期的に摂取していきたいと思っています。
食べ続けていくコツとしては、自分なりの食べ方を見つけ、無理なく食べるということだと思っています。

Copyright(C) 2010 免疫力アップ.com All Rights Reserved.