乳酸菌イメージ

乳酸菌はからだの免疫機能を守るという話です

乳酸菌というと、どういうイメージを、みなさんは思い浮かべますか。
一般的にいえば、ヨーグルト関係でしょうね。
「ヨーグルトサーモフィルス菌は、カスピ海の地にある長寿村でとれた、希少な菌です。このヨーグルトには、乳酸菌が50億菌入っています。」という売り文句をよく見かけるくらいでしょう。
私の場合は、ヨーグルトのあの酸っぱい味が好きじゃなくて、あんまり食べませんが、からだにはいいようです。
乳酸菌http://adamsblock.com/tigai.htmlは、人間のからだの粘膜に常在する微生物です。
私の場合は、生理のたびに、下の粘膜がかぶれて、大変だった時期がありました。
その話をお話しします。
(ちょっと恥ずかしい。)乳酸菌を使ってみてわかったのは、からだの免疫機能http://www.kfir-l.com/kaze.htmlがずっと良くなるということです。
女性の場合は、からだの下半身が複雑な構造のために、男性よりもずっと高い確率で感染症にかかりやすいとのことです。
(この話は医者から聞きました。婦人科って、この目的で来る人が意外と多いらしいですよ。)私は、前にも書きましたが、生理のたびに、下の粘膜のかぶれがひどくなって、痛いかゆいという感じだったので、医者に相談した結果、乳酸菌の溶液を粘膜にプッシュして、粘膜を清潔に保つように指導されました。
(別に感染症はありませんでした。念のため。 )菌をプッシュすることで、粘膜に常在して、免疫機能をたかめ、悪玉菌の繁殖(これが、どうやら粘膜のかゆみの原因だったらしいのです。)を予防するという、メカニズムらしいです。
女性の下半身というのはこういう常在菌によって免疫機構が守られ、大切な赤ちゃんを出産できるように、子宮や卵巣を保護しているそうです。
なるほど。
けっこう重要な話ですよね。
妊活をおこなっている女性も多いですし、常在菌の良さによって妊娠の出来が違ってくるということになれば、とても重要ですよね。
私の場合は、この話を医者から聞いて、生理の粘膜のかゆみから、常在菌の重要性に気づくようになりました。
結果的に、私のかゆみはいつの間にかなくなり、からだとこころがとても軽くなりました。
生理がそれほどつらくなくなり、なんだかからだが常在菌によって守られているのかと思うと、安心できるようになりました。
女性にとって、乳酸菌は大切な免疫機構を保護するものなので、下の粘膜のかゆみは放っておかずに、対処することが大事だな、と思いました。
同じ悩みを持つかたでしたら、この話が役に立てばと思います。

Copyright(C) 2010 免疫力アップ.com All Rights Reserved.